hiroway-net

役に立てれればそれが何より幸せ

考え方

29才で会社を辞める前にやった事!転職しない勇気!

私、29才の男性が会社を辞めようと決心し、退職するまでの間に行った事を書き出します。

前回記事↓

29才で会社を辞めた!!無職になるのでブログを書く。

 

スポンサーリンク




29才で会社を辞める前にやった事!転職しない勇気!

通常であれば、会社を辞める⇨転職考える⇨転職サイトやハローワーク等を見て転職を考えると思います。

私も退職を決める前から不安で、転職サイトを日頃からチョコチョコ見ていました。

しかし、転職をしても対して給料が上がる見込みもありませんし、何より・・・

楽しそうじゃ無い!!

やはり仕事とはいえ、人生の大半を過ごす場所であり、言わば「生活の場所」だと思います。

その生活の場所に楽しみが無くストレスが溜まる日々を我慢して過ごす自信がありませんでした。

何より性格上、イライラしたり切羽詰まることで、余裕がなくなり他人に当たるのが嫌でした。

自分を偽り我慢して今後、約35年間過ごす生活に夢を描けなかったのだと思います。

なので私は、転職活動しない事にしました。というより、企業に属さない事にしました。

いわゆるフリーランスを目指す事にしました。

退職までにやったこと!

私がいた会社は、退職するまでの期間として半年ありました。

小売業は棚卸しなど半期毎に大きな業務作業があるので、仕方ない事でした。

なのでその半年間、遊び呆ける訳にも行きませんし、かと言って副業も出来なかったので、勉強しようと思いました。

勉強と言っても「本」を読みまくりました!人生で初めてと言うくらい本を読みまくりましたよ!

たまにライトノベルを読むくらいで、基本的には漫画とバイク雑誌の文字を読むくらいしかやっていなかった私からすると驚異的なペースで読みました。

最初は全く本が面白く無く、苦戦、何を読めばいいのか分からなかったので、「個人事業 本」や「おすすめ ビジネス本」などでGoogle検索をして、出てきた面白そうな本を読む事にしました。そこで出会ったのが堀江貴文さんの「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」でした。

この本はかなり読みやすく、読みふけってしまいました。

私のイメージでは、堀江貴文さんは、「超天才」で「ヤバイ人」だったのですが、結局は人の家庭で生まれた人であり、努力を重ねてきた結果が実力なのだと感じました。

タイトルにもある「なにもない自分に小さなイチを足していく」と言う言葉は、私の今の心の支えになっています。何かをやろうと思った時に、この言葉を思い出して一つずつ積み重ねて成長して行こうと思っています。興味がある方でまだ読んだことがない人は一度読んで見てください!

この本に出会ってから、堀江貴文さんの著書を数冊読み漁り、その中に出てきた藤田晋さんにも興味をもち著書を数冊読みました。

すると読みたい本が広がり、読む事が楽しくなって行きました!

今までスマホでググればOKと思っていました。しかしググるだけですと、基本的に自分が知っている知識をベースにしか検索が出来ず、知識の範囲が限られていました。

本を読むと、「著者の考え」「人生観」「知識」「経験」を学べて、さらには「文章力」も付随して来ます。プラスが大きかったのです。

もし本を読むことが苦手な人は、漫画でもいいので読みまくって、その漫画に関連した本や、興味がある本を読んで見て欲しいです。完璧に読まなくてもいいので、気になった所があればそこを心に刻んで、もっと色んな本(漫画でもラノベでもOK)の数を読みましょう!

知識に1を足していくだけでいいのです!今完璧を求めてはダメなんです!

私は、本も、漫画もめっちゃ読みますし大好きです!今漫画ですと「キングダム」が最高ですね!

半年で本を好きになれて良かった!

退職日までの半年間と言う時間で、本を好きになれて本当に良かったと思います。

知識武装して行くことはフリーランスをするにしろ、起業するにしろ必要と感じましたし、現在会社に属している方も、強力な武器になります。知識は、「キングダム」で言う所の王騎将軍の矛みたいなものです!

人生観変わりますよ!

 

スポンサーリンク




-考え方